BITS2018 NIHON UNISYS GROUP BUSINESS ECOSYSTEM & ICT STRATEGY FORUM
Foresight in sight
「社会変革へ、DXの実現へ」- ビジネスエコシステムの限りない可能性 -
日本ユニシスグループ

コンセプト

爆発的に進むデジタライゼーション。
IoT、AI、ロボティクスなど…
革新的なテクノロジーは、
経済のあらゆる領域で
破壊的イノベーションを進めています。
一方、環境、医療、教育、防災、地域活性化など…
私たちの社会には解決すべき課題が
山積しています。

日本ユニシスグループは、
「お客さまやパートナーと共に社会を豊かにする
価値を提供し、社会課題を解決する企業」
として、業種・業態の垣根を越え、
様々な企業をつなぐ
ビジネスエコシステムを創る中核となり、
デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する
プラットフォームを提供します。

多様なサービスやビジネスがつながり、
点が線となり、線が面となり、
連鎖的に広がっていくように。
ビジネスエコシステムを創出、拡大していく中で、
無限に眠るビジネスの種を花開かせ
新しい社会、光り輝く未来を創造していく。
そして、お客さまの
デジタルトランスフォーメーション(DX)を
触発し、牽引し、加速していく。
BITS2018 で、その最先端の取り組み、
その限りない可能性をご体感ください。

開催概要

主催
日本ユニシスグループ
共催
ユニシス研究会
日程
2018年11月20日(火)13:30〜18:30
会場
ホテルメトロポリタン仙台
参加費
無料(事前登録制)

お問い合わせ方法

  • ※本イベントは、ICTソリューションにご関心をお持ちの企業・官公庁・団体の皆さまを対象にご案内しております。
  • ※そのため、上記以外の方のお申し込みについてはお断りさせていただく場合がございます。
    また、当グループまたは事例講演企業の競合となる企業にご所属の方のお申し込みをお断りさせていただく場合もございます。あらかじめご了承願います。
  • ※講師・講演内容は都合により予告なく変更する場合がございます。
  • ※お申し込み及び閲覧は、最新の安定バージョンのブラウザをご利用の上、JavaScriptを「有効」にしてください。

BITS2018東北ご来場特別企画 CUポイントキャンペーン

セミナー情報・お申し込み

案内状PDFはこちら

11月20日(火)

受付開始 13:30

13:30〜17:30

展示コーナー

BITS2018東北では、日本ユニシスグループにおけるデジタルトランスフォーメーション(DX)実現への取り組みやその可能性をご紹介します。ネオバンク、アセットガーディアン、ワークスタイルイノベーションの3つのカテゴリーを中心に、最新の事例や技術を集めました。
いま起こりつつある社会変革の最先端を、ぜひご覧ください。

14:00〜17:00

14:00 - 15:30

ご挨拶

新井田 匡彦

ユニシス研究会 東北支部長
(生活協同組合連合会コープ
東北サンネット事業連合)

平岡 昭良

日本ユニシス株式会社
代表取締役社長

基調講演

NeoBank

金融サービス変革で未来をデザイン!
〜「ネオバンク」が生み出すスマートな社会〜

デジタルトランスフォーメーションの潮流が世界を覆うなか、社会インフラである金融サービスには、事業や消費といった活動と一体化し、より一層の利便性・生産性の向上に資するポジションへの変革が求められております。各セクターで業界をリードする有識者と日本ユニシスの事業推進責任者が、当社の取り組みやディスカッションを通して、金融サービスの未来像、またそこから実現されるスマート社会の在り方を明らかにしていきます。

堀 天子

森・濱田松本法律事務所
弁護士 パートナー

丸山 弘毅

一般社団法人
Fintech協会
代表理事会長

原 隆

日経BP社
日経FinTech編集長

竹内 裕司

日本ユニシス株式会社
執行役員
ネオバンク戦略本部長

休憩 展示コーナーにもぜひお立ち寄りください。ー

16:00 - 17:00

特別講演

Asset Guardian

IoT×AI×現場の知恵で社会課題を解決する
〜ビジネスエコシステムによるイノベーションの創出に向けて〜

IoT・AI技術を活用して社会課題を解決するためには情報漏洩リスクやデバイスからネットワーク、クラウドなど多岐にわたる領域を最適に組み合わせることなど、技術的な課題をクリアする必要があります。
さまざまな技術課題に対して日本マイクロソフトと日本ユニシスグループの取り組みを紹介します。

宇野 誠

日本マイクロソフト株式会社
デバイスパートナー営業統括本部
IoTデバイス本部
プリンシパル
ソリューションスペシャリスト

森口 秀樹

日本ユニシス株式会社
新事業創出部長

休憩 展示コーナーにもぜひお立ち寄りください。ー

17:30〜18:30

情報交換会

  • ※セッションのタイトルならびに講演者は変更する場合がございますのでご了承ください。
  • ※日本ユニシスグループ各社社員以外による講演の内容は各講師個人または所属組織の見解であり、日本ユニシスグループ各社の見解を示すものではありません。
  • ※一部のセッションにおきましては、同業企業の方からの受講申し込みには、ご希望に添いかねます場合がございますので、予めご了承ください。

個人情報のお取り扱いについて

ご入力いただくお客さまの個人情報は、当社(日本ユニシス株式会社)、当社グループ企業およびユニシス研究会が、1)本セミナーに関する連絡・確認、2)関連製品・サービスに関する情報提供、3)イベント・セミナーなどのご案内および 4)マーケティングの目的で利用させていただきます。
ご入力いただいたお客さまの個人情報については、当社の個人情報保護基本方針に従い、適切な管理と必要な保護を行います。なお、個人情報の開示、訂正、削除、情報提供の停止等のお申し出、その他ご質問がございましたら、下記のお問合せ先までご連絡いただくか、当社ホームページからお申し出ください。また、当社グループ企業への個人情報の提供、共同利用と、各社の個人情報保護方針については、次のリンクをご覧ください。
※当社グループ企業への個人情報の提供、共同利用について


【個人情報管理者】
日本ユニシス株式会社 東北支店長
【個人情報に関するお問い合わせ先】
日本ユニシス株式会社 BITS2018東北 事務局 
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-1-25 東二番丁スクエア
E-mail:touhoku-box@ml.unisys.co.jp

ようこそ 様 ログインが完了いたしました。

すでに会員登録済み(過去に会員として参加済み)の方のお申し込みはこちら

ログアウト

展示

すべての詳細を
表示する

  • 1

    日本ユニシスグループの社会貢献

    “TABLE FOR TWO”プログラム参加による「国際協力」、障がい者雇用を促進する新会社“NULアクセシビリティ株式会社”の設立をはじめとする「障がい者支援」、熊本県益城町での「被災地支援」、子どもたちへのICT講座や清掃活動などの「地域貢献」、バドミントン選手による講習会を通じた地域住民との交流活動など、日本ユニシスグループのさまざまな社会貢献活動を、映像を通じて紹介します。

  • 2

    ユニシス研究会活動報告

    日本ユニシスグループのユーザー会である「ユニシス研究会」が取り組んでいる「研究活動」や「論文活動」の成果をはじめ、業種や業界を超えた交流など2017年度の活動を紹介します。

  • 3

    デジタルトランスフォーメーションサービス
    〜デジタル化時代のパートナーとして〜

    先進的な企業では、デジタルテクノロジーで従来型のビジネスを変革します。スマートデバイスに蓄積されたデータによる顧客の嗜好に合わせた接客、場所や時間を問わず働く環境を実現することによるワークライフバランスや迅速な意思決定、センサーやソーシャルメディアなどからのデータによるビジネス機会の創出など、ビジネスのデジタル化が急速に進展しています。 日本ユニシスグループは、お客さまの「デジタルトランスフォーメーション」の実現をインサイトとテクノロジーによって支援します。

NeoBank

  • 4

    Fortune Pocket®で理想のライフプランを実現

    結婚、子育て、住宅購入、老後の生活など、ライフプランにはお金の話がつきものです。
    Fortune Pocketは、現在と将来の資産を可視化し、改善に向けたアドバイスや資産形成に役立つ情報を提供します。
    さぁあなたにとっての理想的なライフプランを歩むための資産管理をはじめてみましょう。

  • 5

    働きやすい環境をソフトの面からサポート

    ドレミング様と日本ユニシスのビジネス連携により、勤怠管理と給与計算機能が一体となったリアルタイム給与プラットフォームを提供し、働いた分の給与の即時受取りを実現します。従業員のやる気を引き出し、長期安定的な労働力の確保に資することができます。
    また、MeeCap様との連携では従業員様が日常お使いのPCの操作ログを自動取得し分析します。業務の中に潜む見えにくいムダな仕事を手間暇かけず抽出してくれるため、結果から直ぐに効率化にとりかかれます。

  • 6

    地域金融向けデジタルマーケティング

    DNPのマーケティング分野のノウハウと日本ユニシスのデータ分析技術を融合し、個々のお客さまのステータスに応じたリアルタイムコミュニケーションの取り組みを紹介します。
    今回、地域金融機関でも採用されているソリューション「Tealium」を取り上げます。

  • 7

    オープンAPI公開基盤「Resonatex™」

    「Resonatex」は、金融機関や各事業体が持つWeb APIをオープンAPIとしてインターネット公開するためのクラウド型プラットフォームサービスです。日本ユニシスは、2017年1月から自社のオープン勘定系システム「BankVision®」のWeb API公開サービスを提供しています。「Resonatex」は、「BankVision」を含む勘定系Web APIをはじめ、各事業体が保有するWeb APIをセキュアなシステム環境上に公開し、金融機関やFintech事業者、異業種とのビジネスエコシステムによる新しい金融サービスの創出を実現すると共に、IoTデータやビッグデータの活用を可能とし、金融機関のビジネスモデル変革をサポートします。

  • 8

    銀行営業店後方事務支援システム

    営業店窓口における事務処理はタブレットなどの導入によりデジタル化が進行しておりますが、勘定系システムなどから発生する事務処理については、まだデジタル化されていないものが数多く存在します。「為替受信票」、「配信帳票」、「電子帳票(バッチ帳票)」は、毎日「紙」で勘定系システムから届き、その「紙」を見ながら「事務処理」を実施しておりますが、それらの業務には時限性のあるものや、専門知識や経験を必要とする事務もあり、営業店の負荷となっています。今回紹介の「銀行営業店後方事務支援システム」では、事務処理のデジタル化およびペーパーレス化を実現し、営業店負荷軽減を可能にします。

Asset Guardian

  • 9

    IoTで守る!変革する!
    〜つながるリスクの対策から〜

    IoTシステムでは、これまでセキュリティを考えていなかった、遠隔監視カメラやセンサー、工場や倉庫の設備や機械、オフィスビル設備、監視機器、家電・生活機器など多数の機器がネットワーク上につながるようになります。
    日本ユニシスは、これらの機器がネットワーク接続するにあたり、接続の接点であるIoTエッジコンピューターに着目し、IoTの「つながるリスク」の軽減を目指します。

  • 10

    IoTで守る!変革する!
    〜無線で回転機械の振動検知〜

    回転機械の異常検知には振動データが有効ですが、工作機械の主軸やロボットアームの関節などは動き回るため、配線と電源の課題により振動データの収集が極めて困難でした。日本ユニシスは東京大学発ベンチャーのパイクリスタル様とのビジネスエコシステムで、有機半導体の設備管理センサーによる配線不要・電池不要の実現を目指すと共に、工作機械の振動モニタリング研究を進めています。

  • 11

    IoTで守る!変革する!
    〜ビル設備保全の高品質化をIoT・AIで実現〜

    ビルメンテナンス業界の課題として、熟練者の高齢化、経験と勘に依存した作業、ビルオーナーからのコスト低減要求などがあります。日本ユニシスは眼鏡型ウェアラブルのパイオニア企業、ウエストユニティス様とのビジネスエコシステムにより、異常検知や劣化診断、ウェアラブルグラスによる点検・保守が可能となる設備点検サービスプラットフォームを提供し、付加価値提案、作業品質向上、技術継承、作業効率化を目指します。

  • 12

    IoTで守る!変革する!
    〜Computer Visionで見る新たな世界〜

    日本ユニシスでは、人物の動線把握や年齢性別の推定、あるいは車両の認識やナンバー情報を取得するサービス等、映像解析を使った様々なサービスを提供しています。
    その一例として本ブースでは、画像解析技術を用いてカメラ映像から人の滞留や行列を検知したり、小売店の店員と来店者を区別して行動分析を行う技術を紹介します。

Work Style Innovation

  • 13

    働き方改革コンセプト「Connected Work™」

    日本ユニシスグループは、オフィスワークを中心とした働き方改革から、現場で働く人の新たな働き方を提案するサービスまでを「Connected Work」として体系化しました。働き方の課題を持つ人の視点で、情報収集を行い可視化することで「見える化」し、過去の情報や案件で得た経験に基づき関連する業務を「つなげる」ことで課題の解決方法を提供、さらに新たな場所や人に「広げて」提供できるサービスの創出までを支援します。

  • 14

    クラウドを利用してセキュアに働き方改革!

    一億総活躍社会に向けてより必要性が高まっている働き方改革。Cisco Webex Teams(旧Cisco Spark)、LINE WORKSなど柔軟な働き方を実現する数多くのツールをはじめ、ユニアデックスがIDaaS、CASBを利用した新しいクラウドコミュニケーションとセキュリティのプラットフォームについて紹介します。

  • 15

    社会課題に挑むデータ×AI Rinza®

    社会課題にデータとAI技術の活用で挑む日本ユニシスのAIコンセプト「Rinza」。「新サービスの創出」「コアビジネスの高度化」「オフィスワークの変革」「安心・安全な社会づくり」という4つの重点テーマにそった取り組みの最新事例を紹介します。

  • 16

    IBM Watson®を活用したクラウド型FAQ支援サービス

    IBM Watsonをベースにした応対業務支援サービス「Knowledge Discovery」をデモを含めて紹介します。
    電話でのやり取りをリアルタイムにテキスト化し、Watsonが洞察して表示することでエージェントの応対業務やFAQ支援に活用できます。
    クラウド型での提供により、大企業に限らず多くの企業で手軽に利用が可能です。
    また、Watsonを活用して、iPhoneからオフラインでも画像解析を可能にするアプリケーションもあわせて紹介します。

アクセス

Google MAPで場所を表示する

ホテルメトロポリタン仙台 4F
千代(SENDAI)

仙台市青葉区中央1-1-1 
TEL. 022-268-2525(代表)

  • JR仙台駅西口前

お問い合わせ

“BITS2018 東北”事務局まで
お問い合わせください

個人情報のお取り扱いについて

お問合せいただく前に、当社の「個人情報保護について」を必ずお読みいただき、次の個人情報のお取り扱いに関して、ご同意いただける場合、お問合せください。
個人情報保護についてはこちら >

同意いただけない場合は、本メールへのお問合せはできません。予めご了承願います。

  • 利用目的
    ご入力いただいた個人情報は、個人情報保護に関するお問合せに対応するために利用いたします。
  • 第三者提供について
    ご入力いただいた個人情報を、事前にご本人の同意なく第三者へ提供することはありません。
  • 委託について
    取得した個人情報の取り扱いの全部または一部を委託する場合があります。
  • 開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口について
    ご入力いただいた個人情報の「利用目的の通知」、「開示」、「訂正・追加・削除」、「利用停止・消去・第三者提供の停止」(「開示等」といいます)の お申出、ご質問等がございましたら、下記の「お問合せ先」にご連絡いただくか、当社 ホームページから「開示等の請求手続きについて」に従いお申出ください。
    開示等の請求手続きについてはこちら >
  • 本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得
    Webビーコンとクッキーとを併用することにより、詳細な統計的情報を取得することができ、取得した情報には閲覧したユーザーの属性集計や利用状況集計が含まれていますが、個別のユーザーを特定するような情報は一切含んでいません。
  • 安全管理措置について
    取得した個人情報については、漏えい、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
  • 個人情報保護基本方針および当社グループ企業
    当社ホームページの個人情報保護基本方針および日本ユニシスグループをご覧ください。
    個人情報保護基本方針はこちら >
    日本ユニシスグループはこちら >
  • 個人情報管理者および連絡先
    日本ユニシス株式会社
    東北支店長
    ご連絡は下記お問合せ先までお願いします。

お問合せ先

日本ユニシス株式会社 BITS2018東北 事務局
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-1-25 
東二番丁スクエア

touhoku-box@ml.unisys.co.jp