BITS2019中部 NIHON UNISYS GROUP BUSINESS ECOSYSTEM & ICT STRATEGY FORUM
Foresight in sight
― サステナブルな社会へ ― ビジネスエコシステムは人々を、地域を、日本を、地球を救う!
日本ユニシスグループ

コンセプト

貧困、教育、エネルギー、経済格差、気候変動など、
社会課題の解決へ、持続可能な社会の実現へ。
今、多くの人々が、多くの企業が、日本が、世界が、
動きはじめています。

日本ユニシスグループは、さまざまな企業をつなぐ
ビジネスエコシステムをつくる中核となり、
デジタルトランスフォーメーションを実現する
プラットフォームを提供しています。
それらを通じて、お客さまやパートナーとともに、
社会課題の解決と、その先にあるサステナビリティの向上 ―
世界が共有するアジェンダ“SDGs”、
その17の目標達成に向けて貢献していきます。

多様なビジネスをつなぎ、サービスを生み出し、
IoTやAIなど革新的なテクノロジーを飛躍させていく。
同じビジョンのもとに、
次々とビジネスエコシステムが芽生え、
木となり、林となり、大きな森に育ち、
社会と企業の持続的な成長サイクルを創出していく。
その最新動向を、最新事例を、BITS2019中部でご紹介します。

開催概要

主催
日本ユニシスグループ
共催
ユニシス研究会
日程
2019年7月25日(木)13:30〜18:30
会場
名古屋観光ホテル
参加費
無料(事前登録制)

お問い合わせ方法

  • ※本イベントは、ICTソリューションにご関心をお持ちの企業・官公庁・団体の皆さまを対象にご案内しております。
  • ※そのため、上記以外の方のお申し込みについてはお断りさせていただく場合がございます。
    また、日本ユニシスグループまたは講演企業の競合となる企業にご所属の方のお申し込みをお断りさせていただく場合もございます。あらかじめご了承願います。
  • ※講師および講演・展示内容は、都合により変更になる場合がございます。
  • ※お申し込み及び閲覧は、最新の安定バージョンのブラウザをご利用の上、JavaScriptを「有効」にしてください。

セミナー情報・お申し込み

案内状PDFはこちら

7月25日(木)

受付開始 13:30

13:30〜17:30

展示コーナー

BITS2019中部では、日本ユニシスグループにおけるデジタルトランスフォーメーション実現への取り組み、社会課題の解決と“SDGs”の達成に向けた貢献などを紹介します。またデジタルアクセラレーション、アセットガーディアン、スマートタウン、ネオバンクの4つの注力領域における最新事例なども集めました。ぜひ展示コーナーへもお立ち寄りください。

14:00〜17:00

14:00 - 15:30

ご挨拶

水谷 佳広

ユニシス研究会 中部支部長
(三重交通株式会社)

平岡 昭良

日本ユニシス株式会社
代表取締役社長

基調講演

データ・ドリブン・エコノミー
〜デジタルが産業・社会・経済・地方を変える〜

物的資産やアナログプロセスからデータを集める動きが活発化し、データ・ドリブン・エコノミーが到来しつつある。リアルデータが生産性を高めることで、ビジネスや社会がどう変わるのか、今後新たな価値を生み出す視点とは何かをお話いたします。

© Naomi Muto

森川 博之

東京大学大学院
工学系研究科電気系工学専攻 教授

PROFILE

1987年東京大学工学部卒業。2006年東京大学大学院教授。
モノのインターネット/M2M/ビッグデータ、センサネットワーク、無線通信システム、情報社会デザインなどの研究に従事。 ドコモモバイルサイエンス賞、総務大臣表彰、志田林三郎賞など受賞。
OECDデジタル経済政策委員会(CDEP)副議長、新世代IoT/M2Mコンソーシアム会長等。
著書に「データ・ドリブン・エコノミー」(ダイヤモンド社)など。

  • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12: つくる責任つかう責任
  • 8: 働きがいも経済成長も
  • 7: エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 11: 住み続けられるまちづくりを
  • 2: 飢餓をゼロに

休憩 展示コーナーにもぜひお立ち寄りください。ー

16:00 - 17:00

特別講演

日本発のリアルテックは世界を変えられるか
〜革新的テクノロジーを有する日本のリアルテックベンチャーと共に〜

ユーグレナ取締役副社長COOであり、リアルテックファンド代表を務める永田暁彦氏をお招きし、ユーグレナと日本ユニシスグループによる新たな取り組み、日本の研究開発型ベンチャーの果たす役割や期待、リアルテックベンチャーと大企業のエコシステムによる社会課題解決の可能性などを、熱く語り合います。

永田 暁彦

株式会社ユーグレナ 取締役副社長COO

株式会社ユーグレナインベストメント
代表取締役社長

リアルテックファンド 代表

PROFILE

慶応義塾大学商学部卒業後、独立系プライベートエクイティファンドに入社。2008年ユーグレナ社の取締役に就任し事業戦略、管理部門を管轄。現在は副社長として食品、燃料、研究開発など全ての事業執行を務めると共に、日本最大級の技術系VC「リアルテックファンド」の代表を務める。

齊藤 昇

日本ユニシス株式会社
取締役 常務執行役員
CMO

  • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 7: エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 8: 働きがいも経済成長も

休憩 展示コーナーにもぜひお立ち寄りください。ー

17:30〜18:30

情報交換会

  • ※講師および講演内容は、変更する場合がございますのでご了承ください。
  • ※日本ユニシスグループ各社社員以外による講演の内容は各講師個人または所属組織の見解であり、日本ユニシスグループ各社の見解を示すものではありません。
  • ※同業企業の方からの受講申し込みには、ご希望に添いかねます場合がございますので、あらかじめご了承ください。

個人情報のお取り扱いについて

ご入力いただくお客さまの個人情報は、当社(日本ユニシス株式会社)、当社グループ企業およびユニシス研究会が、1)本セミナーに関する連絡・確認、2)関連製品・サービスに関する情報提供、3)イベント・セミナーなどのご案内および 4)マーケティングの目的で利用させていただきます。
ご入力いただいたお客さまの個人情報については、当社の個人情報保護基本方針に従い、適切な管理と必要な保護を行います。なお、個人情報の開示、訂正、削除、情報提供の停止等のお申し出、その他ご質問がございましたら、下記のお問合せ先までご連絡いただくか、当社ホームページからお申し出ください。また、当社グループ企業への個人情報の提供、共同利用と、各社の個人情報保護方針については、次のリンクをご覧ください。
※当社グループ企業への個人情報の提供、共同利用について


【個人情報管理者】
日本ユニシス株式会社 中部支社長
【個人情報に関するお問い合わせ先】
日本ユニシス株式会社 BITS2019中部 事務局 
〒460-0008 名古屋市中区栄1-3-3 朝日会館 
E-mail:bits-cb-box@ml.unisys.co.jp

ようこそ 様 ログインが完了いたしました。

すでに会員登録済み(過去に会員として参加済み)の方のお申し込みはこちら

ログアウト

展示

展示テーマ

  • Digital Acceleration
  • Asset Guardian
  • Smart Town
  • NeoBank

すべての詳細を
表示する

  • 1

    日本ユニシスグループの社会貢献

    “TABLE FOR TWO” プログラム参加による「国際協力」、“NULアクセシビリティ”設立をはじめとする「障がい者支援」、熊本県益城町での「被災地支援」、子どもたちへのICT講座などの「地域貢献」、バドミントン選手による地域住民との交流などを紹介します。

    • 3: すべての人に健康と福祉を
    • 4: 質の高い教育をみんなに
    • 2: 飢餓をゼロに
    • 10: 人や国の不平等をなくそう
    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 2

    ユニシス研究会活動紹介

    日本ユニシスグループのユーザー会である「ユニシス研究会」が取り組んでいる「研究活動」や「論文執筆活動」の成果をはじめ、業種や業界を超えた交流などの活動について紹介します。

    • 2: 飢餓をゼロに
    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 3

    「uniConnect×Teams」で変わるオフィス電話

    内外線通話や保留・転送、時間や条件ごとに設定可能な応答方法など、「オフィスの固定電話+α」の機能がスマホから使えるPBXサービスとして定評のあるuniConnectがMicrosoft Teamsとの連携に対応!
    音声コミュニケーションにおけるuniConnectのメリットを享受しながら、チャットやファイル共有など、Teamsが提供するサービスとシームレスに連携利用することで、理想的なユニファイドコミュニケーション環境が実現します。

    • 8: 働きがいも経済成長も
  • 4

    ICTで働く場所が広がる オフィスワークが変わる

    日本ユニシスグループは、オフィスワークを中心とした働き方改革から、現場で働く人の新たな働き方を提案するサービスまでを「Connected Work™」として体系化し、各種ソリューション・サービスを紹介します。
    (Office365、Citrix on Azureなどを資料やカタログで紹介します)

    • 8: 働きがいも経済成長も
    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
    • 7: エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 5

    ブロックチェーン×電子バウチャーサービス

    電子バウチャーサービスはブロックチェーン上でさまざまな「権利」を電子化し、流通・販売するサービスです。事業者が自ら商品やサービスを電子バウチャーとして容易に発行し、利用者に販売することが可能になります。また、事業者が相互に連携することで、一店では実現できない商品作りや、地域全体でもてなす統合的な商品の提供が行えます。これにより、事業者の俊敏性や柔軟性を街全体で引き出す新たなエコシステムを実現します。

    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 11: 住み続けられるまちづくりを
    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 6

    長野県での共創型スマートタウンの取り組み

    2019年2月に、長野県、長野県立大学、日本ユニシスは、3者連携協定を締結しました。
    これから、長野県各地をフィールドとして、自治体・NPO・市民・県内外の企業など、多くのステークホルダーの皆さまと共に、さまざまな領域で共創ビジネスを展開していきます。
    SDGs未来都市にも選定され、ますます盛り上がる長野県。私たちが強みとする“デジタル”の力を活用し、“持続可能な社会”に向けたまちづくりを行っていきます。

    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
    • 1: 貧困をなくそう
    • 2: 飢餓をゼロに
    • 3: すべての人に健康と福祉を
    • 4: 質の高い教育をみんなに
    • 5: ジェンダー平等を実現しよう
    • 6: 安全な水とトイレをみんなに
    • 7: エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 8: 働きがいも経済成長も
    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 10: 人や国の不平等をなくそう
    • 11: 住み続けられるまちづくりを
    • 12: つくる責任つかう責任
    • 13: 気候変動に具体的な対策を
    • 14: 海の豊かさを守ろう
    • 15: 陸の豊かさも守ろう
    • 16: 平和と公正をすべての人に
  • 7

    物流現場の働き方改革 SmartTransport®

    物流業界で大きな課題となっている「トラック待機問題」の解決を目的としたクラウド型サービスです。
    PC/スマートフォンを利用したトラック到着時刻の遠隔予約から、自動受付やトラックの呼び出し、さらにはバース管理までの一連の機能を提供します。
    SmartTransportはトラックの待機時間の削減はもとより、倉庫作業の効率化、ひいては社会課題となっている物流業界の労働力不足や過重労働などの解決を支援し、スマートな物流を実現します。

    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
    • 11: 住み続けられるまちづくりを
  • 8

    社会を変えるテクノロジーの未来
    Technology Foresight®

    デジタル社会への変革に向けて、日本ユニシスグループでは、「Technology Foresight」を提示しています。これは、市場動向、お客さま動向、技術動向に関する調査研究を基に数年先の未来像を予測したものです。この予測を基に、お客さまに提供していくべきICTの方向性を考えています。 日本ユニシスグループは、お客さまや社会の変化の兆しをいち早く捉え、知恵や発想、ICTを組み合わせて、お客さまの課題とその先にある社会課題の解決に向けた、ビジネスエコシステムをつくり出していきます。

    • 8: 働きがいも経済成長も
    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 11: 住み続けられるまちづくりを
  • 9

    法人顧客コンシェルジュサービス「CoreBAE™」

    「CoreBAE」は、地域金融機関が保有する取引データ、財務データをAIで分析・活用することにより、地域企業に対して一律かつより効果的な支援が可能となります。地域金融機関から地域企業への事業性融資推進に必要な適切な情報やアドバイスのさらなる提供により、地域企業の成長機会の創出、経営課題の解決を実現し、地域経済を活性化します。

    • 8: 働きがいも経済成長も
    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 10

    DNPのキャッシュレスプラットフォーム

    カード発行会社(イシュア)や店舗(加盟店)のキャッシュレス対応をトータルに支援するDNPの「キャッシュレスプラットフォーム」を紹介します。クレジットやデビット、プリペイドなどの決済手段や、QR/バーコード・非接触ICなどのインターフェースに対応したスマートフォン向けアプリサービスや決済端末、生体認証などの本人認証サービス、会員管理や加盟店管理、プロセッシング機能、マーケティング機能などを本プラットフォームを通じてトータルで提供します。

    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11

    クラウドセキュリティープラットフォームでレジリエントに!

    クラウドの普及や働き方改革の推進により、インターネットやクラウドの業務利用はオフィスワークだけにとどまらず、リモートワークにおいても利用ニーズが広がっています。
    今後、外出先や自宅から利用するシーンが増えると社内からのアクセスと同等のセキュリティーやガバナンスが必要になる課題が顕著になることが予想されます。
    ユニアデックスでは次世代型クラウドセキュリティープラットフォームでこれらの課題を一気に解決します。

    • 8: 働きがいも経済成長も
    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 12

    次世代ネットワーク運用管理のあるべき姿

    ネットワーク全体に関わる費用は導入コストに目を奪われがちですが、複数年でコストを見た場合、一般的に導入コストより運用コストの方がかかると言われています。今後IoTデバイスやBYODの普及により、管理対象のデバイス数やデータ量は大幅に増加することが予測され、ネットワークインフラは、複雑化そして、重要性がさらに増します。迫りくる少子化による運用リソース減に対し運用がどうあるべきか。次世代のネットワーク運用管理製品をデモンストレーションを交えて紹介します。

    • 8: 働きがいも経済成長も
    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 13

    「まるっと点検」IoT設備点検サービス

    「まるっと点検」は、IoT・AI・ウエアラブルデバイスを組み合わせることで点検コストの大幅削減と働き方改革を実現します。
    点検作業員の人材獲得と定着という課題に対しても「まるっと点検」の点検スマート化が課題解決に寄与します。
    日本ユニシスは、IoT活用が求められている設備管理市場においてさまざまなパートナーとビジネスエコシステムを作り点検のスマート化に取り組みます。

    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 11: 住み続けられるまちづくりを
  • 14

    MUDENモニタリングサービス™

    新規だけでなく既存のインフラ設備や環境に対しても、簡易に導入、すぐに運用開始できるモニタリングサービスです。屋外環境に適したハードウエア(電源を必要としない太陽光パネル付きゲートウエー・センサー)やネットワーク(LoRa)を利用しており、電源確保のために配線を通す大規模な工事や多数の中継器を利用し電波を遠距離まで飛ばす必要がありません。導入負荷を減らし、効率的かつ安定的なモニタリングサービスを実現します。

    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 11: 住み続けられるまちづくりを
  • 15

    「IoTビジネスプラットフォーム」でIoTビジネスを加速

    IoTには、企業や組織によってさまざまな活用シーンがあります。
    ①自社内の工場や作業現場の効率化、品質向上、人手不足解消などへ適用する
    ②IoT化した製品でサービス差別化し、収益化を狙う
    ③IoTデータの活用を進めたい
    ④IoT基盤を活用した新たなビジネスを創出したい

    日本ユニシスの「IoTビジネスプラットフォーム」は、汎用画像判定、故障予兆、作業支援、データ活用などさまざまな課題を解決するための道具としてビジネスプラットフォームやICTプラットフォーム(分散型IoTBP)を提供します。
    また、各業界、技術領域に強い企業と連携してお客さまのIoT活用を支援します。

    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 16

    小売×メーカー共創による購買データ活用型マーケティング

    日本ユニシスとDNPが提供する購買連動型キャンペーンプラットフォーム、“スマートキャンペーン®”では、ID-POSデータ分析に基づいたキャンペーンの企画設計/効果測定/改善を行うことで販促PDCAサイクルを回しています。日本ユニシスの分析ノウハウおよびデータ利活用の可能性について、“スマートキャンペーン”での事例を交えながら紹介します。

    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 17

    ロボットの協調制御を実現するクラウドロボティクス・プラットフォーム

    パートナーである自律制御システム研究所のドローンおよびドローン制御技術を活用し、非GPS環境下でも飛行可能なドローン活用の点検パトロールサービスを確立します。将来的にはドローンサービスで得られる高度な制御技術をもとに、多種多様なロボットを利用シーンごとに最適に制御、IoTも組み合わせた付加価値の高いロボティクスサービスの実現を目指します。

    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 8: 働きがいも経済成長も
    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 18

    MY HOME MARKET®

    MY HOME MARKETは、住宅購入者とハウスメーカーに新しい「家の買い方・売り方」を提供する画期的なサービスです。
    住宅を高精細なVR画像で紹介するとともに、価格シミュレーション機能によりあらかじめ費用感もつかむ事ができます。
    住宅購入者からは、注文後も引渡しまで繰り返し何度もVRを見て夢を膨らませたと高い評価をいただいております。
    圧倒的高品質なVRが実現する新しい「家の買い方・売り方」を、ぜひ当ブースでご体験ください。

    • 8: 働きがいも経済成長も
    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 11: 住み続けられるまちづくりを
  • 19

    社会課題を解決するデータ+AI Rinza®

    日本ユニシスグループは、お客さま企業内外に存在するさまざまなデータとAI技術を活用し、課題解決と新たな価値創出を目指しています。これらを実現するためのRinzaLab™の取り組み、Rinzaの各種サービスについてデモや最新事例交えて紹介します。

    • 8: 働きがいも経済成長も
    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 20

    AIOpsとデジタル化に向けたAIの取り組み紹介

    ディープラーニングによる大気汚染物質の濃度予測や、AIによるITサービスの高度化(AIOps)など、ユニアデックスが推進するAIの取り組みと事例について紹介します。

    • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 13: 気候変動に具体的な対策を
    • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 21

    AI Contact Centerの“今”

    現場のノウハウを有効活用できていない。
    オペレーターの経験やスキルへの依存。
    一定水準の応対ができるようになるまでの研修時間とコスト。
    高い離職率。

    多くのコンタクトセンターが抱える課題をAIでどう解決できるか。
    現場のナレッジの効率的な活用から応対品質向上まで、"AI Contact Center"のポイントを紹介します。

    • 8: 働きがいも経済成長も
  • ※展示内容は、都合により変更になる場合がございます。

アクセス

Google MAPで場所を表示する

名古屋観光ホテル

名古屋市中区錦一丁目19-30 
TEL. 052-231-7711(代表)

  • JR「名古屋駅」より、ホテルまで徒歩約15分、タクシーで約5分
  • 地下鉄東山線・鶴舞線「伏見駅」下車 8、9、10番出口から徒歩約2分

お問い合わせ

“BITS2019中部”事務局まで
お問い合わせください

BITS2019 開催スケジュール

BITS2019は、2019年6月6日(木)・7日(金)開催の東京を皮切りに、全国9拠点で開催します。
「Foresight in sight ― サステナブルな社会へ ― ビジネスエコシステムは人々を、地域を、日本を、地球を救う!」をコンセプトに、社会課題の解決と“SDGs”の達成に向けた貢献、社会と企業の持続的な成長サイクルの創出など、その最新動向をご紹介します。

日程 会場
BITS2019 2019年6月6日(木)
7日(金)
ANAインターコンチネンタルホテル東京
BITS2019中部 2019年7月25日(木) 名古屋観光ホテル
BITS2019九州 2019年9月25日(水) ホテルオークラ福岡
BITS2019北海道 2019年10月10日(木) 札幌パークホテル
BITS2019新潟 2019年10月16日(水) ホテル日航新潟
BITS2019静岡 2019年11月7日(木) ホテルアソシア静岡
BITS2019中国 2019年11月14日(木) リーガロイヤルホテル広島
BITS2019東北 2019年11月19日(火) ホテルメトロポリタン仙台
BITS2019北陸 2019年11月28日(木) ANAクラウンプラザホテル金沢

※関西では10月25日(金)・26日(土)にザ・リッツ・カールトン大阪において「ユニシス研究会全国フォーラム2019」を開催予定
「ユニシス研究会全国フォーラム2019」に関するお問合せ先:ユニシス研究会事務局 juua-info@unisys.co.jp

Sustainable Development Goals 世界を変えるための17の目標

  • 1: 貧困をなくそう
  • 2: 飢餓をゼロに
  • 3: すべての人に健康と福祉を
  • 4: 質の高い教育をみんなに
  • 5: ジェンダー平等を実現しよう
  • 6: 安全な水とトイレをみんなに
  • 7: エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 8: 働きがいも経済成長も
  • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10: 人や国の不平等をなくそう
  • 11: 住み続けられるまちづくりを
  • 12: つくる責任つかう責任
  • 13: 気候変動に具体的な対策を
  • 14: 海の豊かさを守ろう
  • 15: 陸の豊かさも守ろう
  • 16: 平和と公正をすべての人に
  • 17: パートナーシップで目標を達成しよう
  • 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された、人と地球の未来のために2030年までに解決すべき17の目標です。国際社会で普遍的に適用されるこれらの目標を達成するために企業への期待も高まっています。
日本ユニシスグループはビジネスエコシステムを通じて、SDGsの達成に向けて貢献していきます。

個人情報のお取り扱いについて

お問合せいただく前に、当社の「個人情報保護について」を必ずお読みいただき、次の個人情報のお取り扱いに関して、ご同意いただける場合、お問合せください。
個人情報保護についてはこちら >

同意いただけない場合は、本メールへのお問合せはできません。予めご了承願います。

  • 利用目的
    ご入力いただいた個人情報は、個人情報保護に関するお問合せに対応するために利用いたします。
  • 第三者提供について
    ご入力いただいた個人情報を、事前にご本人の同意なく第三者へ提供することはありません。
  • 委託について
    取得した個人情報の取り扱いの全部または一部を委託する場合があります。
  • 開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口について
    ご入力いただいた個人情報の「利用目的の通知」、「開示」、「訂正・追加・削除」、「利用停止・消去・第三者提供の停止」(「開示等」といいます)の お申出、ご質問等がございましたら、下記の「お問合せ先」にご連絡いただくか、当社 ホームページから「開示等の請求手続きについて」に従いお申出ください。
    開示等の請求手続きについてはこちら >
  • 本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得
    Webビーコンとクッキーとを併用することにより、詳細な統計的情報を取得することができ、取得した情報には閲覧したユーザーの属性集計や利用状況集計が含まれていますが、個別のユーザーを特定するような情報は一切含んでいません。
  • 安全管理措置について
    取得した個人情報については、漏えい、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
  • 個人情報保護基本方針および当社グループ企業
    当社ホームページの個人情報保護基本方針および日本ユニシスグループをご覧ください。
    個人情報保護基本方針はこちら >
    日本ユニシスグループはこちら >
  • 個人情報管理者および連絡先
    日本ユニシス株式会社
    中部支社長
    ご連絡は下記お問合せ先までお願いします。

お問合せ先

日本ユニシス株式会社 BITS2019中部 事務局
〒460-0008 名古屋市中区栄1-3-3 朝日会館

bits-cb-box@ml.unisys.co.jp