システム開発技術 2018/8/2(木)〜3(金)
要件定義の実践

概要

ソフトウェア開発技術に必要な「顧客の要件を正しくとらえ定義することのできるスキル」を修得します。要件を定義していくための実践的な方法として、システムのコンセプトをペルソナ/シナリオ法で導き出すことから始め、業務フローやコンテキスト図などを用いてより詳細なTo-Beを把握し、それらを利用してユースケースを導き出すことでシステム要件を明確にし、仕様へと落とし込んで行くことを学びます。

◆カリキュラム◆
1)要件定義の概要
2)要件定義での教訓
3)要求工学概要
4)要件定義
 ・現状把握 システムのコンセプトを明確にし、To-Beを詳細化する
 ・要求獲得 ユーザから要求を引き出す
 ・要求仕様化 要件をユースケースで表現し、仕様へと落とし込む
 ・要求検証 要件の誤りをなくす様々な検証方法
5)要求の管理
 ・見積もり ユースケースポイント法で見積もる
 ・進捗管理 ユースケースを使って進捗を管理する
 ・変更管理 要件の変更を管理する

◆期間◆
 2日間

◆料金(1人/ 税抜き)◆
 ¥76,000

詳細

×閉じる