CAB13X
コンピュータ基礎とプログラム設計基礎

概要

特定の言語による本格的なプログラミングを学習する前準備として、コンピュータの仕組みやデータ処理の方法などに関する基礎知識を修得します。
次に、基本三構造を用いて処理手順(アルゴリズム)を考え、流れ図(フローチャート)を使って表現する方法を学習します。


◆目標◆
・コンピュータの仕組みやデータ処理の方法を説明できるようになります。
・オペレーティングシステムの役割と基本機能を説明できるようになります。
・各種プログラミング言語について、その特徴を説明できるようになります。
・基本的な構造のアルゴリズムを自力で考え、流れ図(フローチャート)で表現できるようになります。

◆前提知識◆
特に必要ありません。

◆カリキュラム◆
1)コンピュータシステム基礎
 ・コンピュータの過去・現在・未来
 ・コンピュータの扱う情報の基本
 ・コンピュータの制御と記憶の仕組み
 ・コンピュータシステムの構成
2)オペレーティングシステム概説
 ・オペレーティングシステムの概要と起動
3)オペレーティングシステム基礎
 ・タスクの仕組み
 ・割り込みの仕組みとスケジューリング
 ・仮想記憶
 ・入出力における高速化
 ・システムの性能評価
4)プログラミング言語概説
 ・プログラミング言語の役割と分類
 ・代表的なプログラミング言語
  (COBOL、C言語、C++、Java、VisualBasic、HTMLとJavaScript、XML、UML)
 ・プログラムの作成から実行までの流れ
5)プログラム設計基礎
 ・プログラムの基本
 ・プログラムの作成手順と流れ図の表記
 ・データの扱い(定数、変数、計算式)
 ・単純列構造/選択構造/繰り返し構造
 ・配列

◆期間◆
 3日間 (9:30−17:30)

◆料金(1人/ 税抜き)◆
 ¥60,000

◆備考◆
 「新入社員のためのCOBOLプログラミング」、「新入社員のためのC言語プログラミング基礎」、
 「新入社員のためのVisualBasicプログラミング基礎(.NET対応)」、「新入社員のための
 C#プログラミング基礎」の前提コースとなります。

詳細

×閉じる